×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職での目的

転職(てんしょく)というのは、自ら(みずから)新しい(あたらしい)環境(かんきょう)の中(なか)に飛び込ん(とびこん)でいくという行為(こうい)です。転職先(てんしょくさき)での仕事(しごと)環境(かんきょう)や人間(にんげん)関係(かんけい)をうまく溶け込む(とけこむ)ことができていけば、その転職(てんしょく)はあなたにとって成功(せいこう)したといえます。転職(てんしょく)をあなたにとって成功(せいこう)させるためには、どんな点(てん)を注意(ちゅうい)していくべきかを考え(かんがえ)ていきましょう。転職(てんしょく)した目的(もくてき)を再確認(さいかくにん)する転職(てんしょく)は、現在(げんざい)あなたに置か(おか)れている状況(じょうきょう)よりも、よりよい環境(かんきょう)を自分(じぶん)で作っ(つくっ)ていくための手段(しゅだん)でもあります。転職(てんしょく)を決断(けつだん)するというのは、会社(かいしゃ)の経営(けいえい)方針(ほうしん)や仕事(しごと)内容(ないよう)、人間(にんげん)関係(かんけい)など何らかの(なんらかの)不満(ふまん)があなたにあったのだと思い(とおもい)ます。しかし転職先(てんしょくさき)で前の(まえの)会社(がいしゃ)同様(どうよう)な不満(ふまん)が発生(はっせい)するのでは、その転職(てんしょく)はあなたにとって成功(せいこう)したとはいえません。そのためにも、転職先(てんしょくさき)を選ぶ(えらぶ)に当たっ(あたっ)ては、さまざまな視点(してん)からチェックすることが大切(たいせつ)ですが、会社(かいしゃ)や仕事(しごと)への不満(ふまん)は、ときには自分自身(じぶんじしん)が原因(げんいん)である場合(ばあい)に起き(おき)ていることがあります。たとえば、言動(げんどう)に慎重さ(しんちょうさ)を欠け(かけ)ているところがあり、仕事(しごと)でミスをしたり、同僚間(どうりょうかん)でトラブルを招い(まねい)てしまうや、積極性(せっきょくせい)が足り(たり)ないなどで周囲(しゅうい)から評価(ひょうか)されず、結果的(けっかてき)に自分(じぶん)が求める(もとめる)仕事(しごと)を任せ(まかせ)てもらえない、給料(きゅうりょう)も変わら(かわら)ない、それが不平(ふへい)不満(ふまん)になっていく事(こと)もあるのです。そのことを弁え(わきまえ)た上(うえ)で、自分(じぶん)にとってその会社(かいしゃ)や仕事(しごと)はなぜ不満(ふまん)を感じ(かんじ)たのか、自分(じぶん)の勤務(きんむ)態度(たいど)や日頃(ひごろ)の言動(げんどう)に問題点(もんだいてん)は何(なに)かを反省(はんせい)することから始める(はじめる)とよいでしょう。その問題(もんだい)を整理(せいり)することで浮かび上がっ(うかびあがっ)てくることが、あなたが転職(てんしょく)を希望(きぼう)する目的(もくてき)であり、自分(じぶん)のチャンスへと変える(かえる)行動(こうどう)の指針(ししん)となります。

転職

転職というのは、自ら新しい環境の中に飛び込んでいくという行為です。

転職