×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職するにあたってのノウハウ

いざというときのために雇用(こよう)調整(ちょうせい)を簡単(かんたん)にするためを目的(もくてき)にし、派遣(はけん)労働者(ろうどうしゃ)やパートタイマーなどの非(ひ)正規(せいき)社員(しゃいん)の雇用(こよう)が現在(げんざい)増加(ぞうか)しています。厚生労働省(こうせいろうどうしょう)での「就業(しゅうぎょう)形態(けいたい)の多様化(たようか)に関(かん)する総合(そうごう)実態(じったい)調査(ちょうさ)」によると、全労働(ぜんろうどう)者(しゃ)が占める(しめる)非(ひ)正規(せいき)社員(しゃいん)の割合(わりあい)は1999年(ねん)で27.5%、その5年(ねん)前より(まえより)も非(ひ)正規(せいき)社員(しゃいん)は、4.3ポイント増加(ぞうか)しました。非(ひ)正規(せいき)社員(しゃいん)の中(なか)で占める(しめる)割合(わりあい)の多い(おおい)のが73.9%のパートタイマーで、その次(つぎ)は契約(けいやく)社員(しゃいん)の8.4%となっています。同調査(どうちょうさ)によると、全(ぜん)労働者(ろうどうしゃ)のなかで契約(けいやく)社員(しゃいん)が占める(しめる)割合(わりあい)は2.3%となっていますが、契約(けいやく)社員(しゃいん)を雇用(こよう)する企業(きぎょう)の割合(わりあい)は10%を超え(こえ)ました。首都圏(しゅとけん)などの都市部(としぶ)だけに限れ(かぎれ)ば、契約(けいやく)社員(しゃいん)の割合(わりあい)はもっと高く(たかく)なるのではないでしょうか。しかしながら、一口(ひとくち)に契約(けいやく)社員(しゃいん)といっていますが、その定義(ていぎ)は必ずしも(かならずしも)定まっ(さだまっ)ているとはいえません。会社(かいしゃ)によっては、専門職(せんもんしょく)として、一定(いってい)の雇用(こよう)期間(きかん)を定め(さだめ)た契約(けいやく)に基づい(もとづい)て働く(はたらく)社員(しゃいん)であったり、期間(きかん)を定める(さだめる)ことなく非常勤(ひじょうきん)で経験(けいけん)を活かし(いかし)て働く(はたらく)人(ひと)や定年後(ていねんご)も引き続い(ひきつづい)て会社(かいしゃ)に勤める(つとめる)嘱託(しょくたく)契約(けいやく)の人(ひと)もいます。しかし、公募(こうぼ)の形(かたち)によって募集(ぼしゅう)された場合(ばあい)は、雇用(こよう)期間(きかん)を定め(さだめ)た契約(けいやく)が一般的(いっぱんてき)といえます。ここからは、「いわゆる正社員(せいしゃいん)とは違う(ちがう)労働(ろうどう)条件(じょうけん)を基(もと)に、給与額(きゅうよがく)や雇用(こよう)期間(きかん)などを個別(こべつ)に労働(ろうどう)契約(けいやく)を結び(むすび)、働く(はたらく)常勤(じょうきん)社員(しゃいん)」を契約(けいやく)社員(しゃいん)と呼ぶ(よぶ)ことにしましょう。流通(りゅうつう)業界(ぎょうかい)などの職業(しょくぎょう)では、パートタイマーやアルバイトを戦力化(せんりょくか)とし、それぞれの能力(のうりょく)に応じ(おうじ)て処遇(しょぐう)を行う(おこなう)ということで、契約(けいやく)社員(しゃいん)を格上げ(かくあげ)するケースが多く(おおく)見(み)られますが、一般的(いっぱんてき)には多彩(たさい)な専門(せんもん)的(てき)能力(のうりょく)を持つ(もつ)スペシャリストを会社(かいしゃ)に迎える(むかえる)にあたり、正社員(せいしゃいん)に対(たい)する給与(きゅうよ)体系(たいけい)だけでは、処遇(しょぐう)しきれないなどの理由(りゆう)として、別体系(べつたいけい)にし、契約(けいやく)社員(しゃいん)制度(せいど)を導入(どうにゅう)することが多い(おおい)ようです。薄毛や抜け毛で悩んでいる方で育毛剤を検討されている方は多いと思いますが育毛剤って本当にたくさんありますから育毛剤 比較しないといけません。

転職

いざというときのために雇用調整を簡単にするためを目的にし、派遣労働者やパートタイマーなどの非正規社員の雇用が現在増加しています。

転職